例会概要

日時:2017年6月17日(土)
会 場:徳島大学 常三島キャンパス
〒770-8502 徳島市南常三島町1−1, HP :http://www.bb.tokushima-u.ac.jp
内 容:農芸化学奨励賞受賞講演、農芸化学研究企画賞受賞講演、シンポジウム、一般講演:口頭発表
世話人:櫻谷英治  (徳島大学大学院生物資源産業学研究部)
参加費:無料

プログラム (pdfファイルダウンロード)

13:15~13:40  農芸化学奨励賞受賞講演 (常三島けやきホール)

肥塚崇男(山口大学大学院創成科学研究科)
「植物香気成分の生合成酵素の機能進化と反応制御機構に関する研究」

13:40~14:05  農芸化学研究企画賞受賞講演 (常三島けやきホール)

芦内 誠(高知大学農林海洋科学部)
「“ホモキラルポリ-γ-グルタミン酸”生合成装置の分子解析と微生物工学利用」

14:05~15:20  シンポジウム「生物資源を活用した応用研究」 (常三島けやきホール)

宇都義浩(徳島大学大学院生物資源産業学研究部)
「ウシ初乳タンパク質を用いたマクロファージ作用剤の開発と自己免疫疾患に対する臨床応用」

中村宜督(岡山大学大学院環境生命科学研究科)
「フラボノイド配糖体代謝物の生体防御賦活作用」

小川 順(京都大学大学院農学研究科応用生命科学専攻)
「肝心要は根と腸管 -エコミメティクスの展開に向けて-」

 
15:35~17:47 一般講演 (1号館3階 302−305講義室)

一般発表は、発表9分、質疑2分、演者交代1分の口頭発表で行います。
講演会場にはプロジェクターとスクリーンを用意しておりますので、自身のノートパソコンをご持参いただき、講演して下さい。
Macなど、パソコン側映像出力がD-Sub 15ピン(メス)でない場合は接続アダプターをご準備下さい。
バッテリー切れに備え、必ず電源アダプターをご持参ください。
パソコンとプロジェクターの接続作業は講演者自身で行って下さい。 不明な点はスタッフが補助いたします。
スライド操作は発表者が行ってください。(補助者が必要な場合には、自身で手配をお願いいたします)
緊急時用に、バックアップデータ(発表用のPower PointデータとそれをPDF化したデータ)だけを保存したUSBメモリーを持参して下さい。なお、持参パソコンとUSBのウィルスチェックは必ず行って下さい。

18:00~19:30 懇親会

場所:生協第一食堂Diningキララ
会費:一般 4,000円、学生1,000円(予定)

各申込方法

1.一般講演申込 (締切:2017年 5月 12日(金)

WEB上での演題登録となります。ご注意下さい。演題名,全発表者名(演者に○)および所属名の略称をご登録ください。

2. 懇親会参加申込 (締切:2017年 5月 31日(水)

 懇親会参加ご希望の方はWEB上で参加登録をして下さい。
懇親会お申込みは,代表者の方が複数名でまとめてお申込み頂くことも出来ます。
一般・学生をそれぞれの所属先とともにご入力ください。

3. 講演要旨(締切:2017年 5月 19日(金)

講演要旨は講演要旨作成要領をご参考のうえ,指定の講演要旨ファイル(wordPDF)にご記入下さい。

要旨に一枚だけ図を使用出来ます。詳しくは要旨作成要領をご参照ください。

要旨集は講演会終了後に支部websiteで公開されます

講演要旨提出先専用アドレス:jsbba2@net-s.ne.jp
*送信の際は,メール件名を「支部講演会要旨(演者氏名)」としてください。

世話人/問合せ: 櫻谷英治  (徳島大学大学院生物資源産業学研究部)
E-mail: sakuradani.eiji@の後にtokushima-u.ac.jpを付けてください。
TEL: 088-656-7528

交通案内

○徳島大学常三島キャンパス 〒770-8502 徳島市南常三島町1−1
詳しくは,徳島大学HPの交通アクセス案内
http://www.tokushima-u.ac.jp/access/)をご覧ください。

 

宿泊案内

ビジネスホテル等の宿泊施設につきましては,徳島県観光情報サイト阿波ナビ
http://www.awanavi.jp/)をご参照ください。